一般社団法人宮城県建築士事務所協会

平成21年未来賞 事前セミナー

トップページ  » 平成21年未来賞 事前セミナー

2009みやぎ建築未来賞15th



事前セミナー

『事前セミナー』の開催について


平成21年6月12日(金)
東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)において『2009みやぎ建築未来賞15th事前セミナー』を開催いたしました。『事前セミナー』は、今年で15回目となる『みやぎ建築未来賞』競技設計に応募予定の建築関係学科の高校生、専門学校生等の皆様に、協議設計や応募要項の説明のほか、講師による表現方法の指導を目的として開催。
当日は県内7校120名の学生の皆様が参加。第1部は当協会から、未来賞のご案内。第2部は実際に絵筆をとって『即描パースの手法』。
参加者の皆様が描いた120枚の水彩画は、11月13日、14日開催の『2009みやぎ建築未来賞15th』アエル2Fアトリウムに展示され、優秀作品には副賞として吉田イサム先生のイタリア景勝地を描いた水彩画が贈られました。

参加いただいたみなさま

宮城県石巻工業高等学校 建築科
宮城工業高等学校 建築学科
宮城県古川工業高等学校 建築科
仙台工業高等学校 建築科
東北文化学園専門学校 建築科
東北文化学園専門学校 インテリア科
東北文化学園専門学校 建築デザイン科
東北電子専門学校 建築工学科
東北電子専門学校 建築デザイン科
東北電子専門学校 インテリアデザイン科
東北職業能力開発大学校 住居環境科
県内建築士事務所に勤務する若手所員

参加いただいた皆様

1:30pm Full House

平成21年6月21日金曜日
2009みやぎ建築未来賞15th『事前セミナー』開催にあたり、主催者である社団法人宮城県建築士事務所協会 会長 栗原憲昭よりご挨拶。
会場となった東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)601大会議室は120名の参加学生の皆様、引率の先生方のほかスタッフでFull House!

1:30pm Full House

第2部『即描 パースの手法』

「赤、青、黄色。基本は三原色」
「太い絵筆にたっぷりと水をしみこませて」
建築パースはパソコンで、リアルで臨場感抜群に描けます。ただ、手描きの描写にひき込まれるような魅力、ぬくもりある表現は見飽きません。建築士をめざす学生の皆さんに、吉田イサム先生が手描きパースの手法、「即描」を伝授!!

第2部『即描 パースの手法』第2部『即描 パースの手法』

120作品のなかから10作品が優秀作品として表彰

平成21年11月14日(土)AER2Fアトリウムにおいて開催された「2009みやぎ建築未来賞15th」一般発表会場で、
事前セミナーで描かれた120の作品の中から次の10作品が優秀作品として表彰されました。
おめでとうございます。

【優秀作品受賞者一覧】 ※作品をクリックすると拡大します

学校名
氏   名
作品 学校名
氏   名
作品
東北電子専門学校
伊藤 愛
東北電子専門学校 伊藤愛 東北文化学園専門学校
富樫 孝英
東北文化学園専門学校 富樫孝英
石巻工業高等学校
石岡 恒一
石巻工業高等学校 石岡恒一 古川工業高等学校
高橋 麻彩
古川工業高等学校 高橋麻彩
東北電子専門学校
齋藤 潤
東北電子専門学校 齋藤潤 石巻工業高等学校
佐々木 瑞希
石巻工業高等学校 佐々木瑞希
東北文化学園専門学校
谷藤 佑太
東北文化学園専門学校 谷藤佑太 東北電子専門学校
遊佐 巧
東北電子専門学校 遊佐巧
仙台工業高等学校
安住 まどか
仙台工業高等学校 安住まどか (株)図設計
高橋 宏子
(株)図設計 高橋宏子


2009 みやぎ建築未来賞 15th 市民と建築事務所が描く建築と環境の未来
各賞紹介

第1部
県内「道の駅」の紹介

第1部 県内「道の駅」の紹介 

第2部
即描 パースの手法

第2部 即描 パースの手法