2012みやぎ建築未来賞18th 事前セミナー

競技設計・応募要綱

表題の施設を一つ選択し建築計画をする。計画に当たっては木のもつ材質、加工材、後方等を考えた空間にまとめる。
また、地域性を考えるという観点から設計者自身の出身地、思い出の場所等を含めた範囲で施設の選択の条件に含める。その上で地域住民や外来者との交流を含め、地域の活性化を目標に地場の産業、材料、素材を取り入れ建物の耐久性はもとより耐震性を考慮し、施設における省エネルギー、創エネルギーを十分に取り入れた仕上げにすることとする。

構造 主要構造部は木造
  • 高校生 木造作りで平屋
  • 専門学校生・短期大学生 木造作りで公共建設物
規模 自由
施設内用途 自由

2012事前セミナー

第一部セミナー : 地場産木材の利用状況について「木のはなし」
第二部セミナー : 加工木材の工法と活用

日時 平成24年6月11日(月)PM1:30~4:30
場所 宮城県建築士事務所協会3F 会議室
対象
  1. 工業高校生
  2. 専門学校・短期大学校生
  3. 当協会会員事務所所員
定員 100名程度
主催 社団法人宮城県建築士事務所協会
仙台市青葉区上杉二丁目2-40

当日の様子

 

当日資料

第一部セミナー: 東京大学名誉教授(木材博物館 館長)岡野 健様

地場産木材の利用状況について「木のはなし」

【当日資料】

第二部セミナー: 株式会社 キーテック  吉田 智則様

加工木材の工法と活用

【当日資料】

一般社団法人宮城県建築士事務所協会 建築相談 苦情解決業務 住宅耐震 建築設計 監理等業務 法定講習 仙台 宮城